総量規制対象外ならお金の使い道が広がる

お金を借り入れるのに制限がかかる総量規制。この制限がないと借り入れに際限がなくなる人が少なくありませんから必要な法律だと言えます。
この法律によって年収の三分の一以上お金を借り入れることができなくなりますから、それより多くのまとまった金額借入れることを目的にしている人は、総量規制対象額外のキャッシングサービスを利用することにしましょう。
アコムやプロミス、モビットなど大手消費者金融は総量規制の対象となってしまうので大きなまとまった融資を受ける先としては向いていません。
総量規制対象外のキャッシングを利用するなら消費者金融ではなく銀行からの融資を考えなくてはいけません。


総量規制対象外ならお金の使い道がさらに広がる

借り入れる金額に制限のかからない総量規制対象外のキャッシングなら、より多くのお金を借り入れることができる、つまりより広い使い道を想定してお金を借り入れることができます。
カードローンの利用目的は、多くが自分の趣味のためのお金、または人と会うための交際費など個人的な楽しみのためのお金とする人が多いです。また、何度でも再融資を受けることができるポイントを利用して、少額キャッシングを繰り返す人が多いのも特徴です。
少額キャッシングなら総量規制の対象だったとしても問題なくキャッシングで目的を済ますことができるでしょうが、お金を借り入れるも久手は何も目先の楽しみのためのお金だけではないはず。
結婚式を開くためのお金、大きな手術のための費用の借り入れなどは少額キャッシングではその目的が果たされないはずです。
自分の目的に応じて総量規制対象外のキャッシングを検討するべきです。


おまとめローンは対象外

複数のローンを一本化する借り入れ、おまとめローンで借り入れるお金はその性質上金額が大きくなってしまいがちです。
どうしても年収の三分の一以上お金を借り入れることになる人も珍しくないはず。これからおまとめローンでお金を借り入れようと思っていたのに、この総量規制の存在を知って不安を感じる人も少なくないでしょう。
ですが安心してください。おまとめローンは総量規制の対象外なので問題なく複数のローンをまとめるために高額融資を受け取ることができます。ですからおまとめローンを利用しようと思っているならもっと別の、限度額や金利の設定を気にする方が正解でしょう。
総量規制などキャッシングの知識がないと、お金を借り入れた後に苦労してしまうことになってしまうでしょう。