無利息サービスを行っているアコムとプロミス

大手消費者金融と言えばアコムとプロミスの名前が一番に出てくると思います。日本で二大消費者金融と言われるアコムとプロミス。この二つはいろいろと比較されることも多いでしょう。
この二つの消費者金融のサービスは共通している部分が多いです。例えば無利息サービスです。アコムもプロミスもともに無利息サービスがあります。しかも無利息期間も30日間と一緒なのです。似たようなサービスを提供している消費者金融。一体どちらがお得なのかを無利息、審査通貨率の二つから検証してみたいと思います。


どちらの無利息サービスがお得なのか

先ほども言った通りアコムとプロミスには、はじめての借り入れを行う時は無利息サービスを利用することが出来ます。アコムは最初、キャンペーン時しか無利息サービスを行っていませんでした。しかし2014年から常に30日間無利息となりました。
しかしこの二つの会社の無利息サービスは少し異なっています。期間はともに30日間ですが、異なる点が無利息期間の起算日が違います。アコムは契約したその場から、起算して30日間となります。
一方プロミスは初回借り入れ日から30日となっているため、契約をしてからすぐに借り入れを行わないのであればプロミスの方が有利な条件となります。
もう一つ違う点がメールアドレスの登録の必要があるかないかです。プロミスはメールアドレスを登録が絶対必要になります。メールアドレスを登録したからといって、特にメールが届くというわけではありませんが、気になる人はアコムの方が良いでしょう。


審査はどちらが通りやすいのか

二つの会社とも消費者金融なので、銀行の審査に比べると通りやすい事は変わりありません。しかしそれでも審査の通貨率には多少の違いがあります。
審査通過率は、申し込み者の数に対して融資を実行した率で求めることが出来ます。この審査通過率はブラックリストに登録されている方の申し込みや、多重債務で総量規制を超える借り入れをしている人からの申し込みも含まれているので、一般的な借り入れ申し込み者の審査通過率は実際によりも高くなっています。
アコムの審査通過率は40パーセントとなっています。この審査通過率は消費者金融カードローンよりも高い数値となっています。
次にプロミスの審査通過率は40パーセントとなっています。この数値は他の消費者金融カードローンと比較すると高い数値ですが、アコムと比較すると8パーセントも差があります。審査通過率はアコムに軍配が上がります。