在籍確認に対する要望はどこまで応えてもらう事が出来ますか?

金融機関へ申し込みこんで審査を行なって、それで終わりというわけではありません。
審査では必ず在籍確認を行ないますので、こちらをきちんとクリアする必要があります。自分の勤めている会社に金融業者から電話連絡がかかってきますから、その電話に出て生年月日や名前、住所などの確認が取れたらOKです。ただ、この在籍確認は初めて金融業者を利用する方も何度か利用したことのある方でも、不安に感じてしまうものでしょう。いつどのタイミングで連絡が来るのかわかりませんから、なかなか席を立つことが出来ない、と悩んでいる方も多い様子。「前もって連絡してもらえる時間を決めることが出来たら良いのに」と考えている方も多いはずです。連絡してもらう際、こちらの要望に応えてくれる業者もあるのです。一体どのような要望まで応えてもらう事が出来るのでしょうか。


在籍確認でこんな要望には応えてもらえる

連絡してもらう際、色々気になることがあり要望したくなる方も多いです。
在籍確認を行なう際、要望して応えてもらえるのは連絡してくれる人物が男性・女性という点です。金融業者のスタッフは金融名ではなく会社に個人名で連絡してきますから、浮気を疑われてしまうかもしれないと不安に感じて指名する方も居るのです。自分が男性なら同じ男性に在籍確認をしてもらう、女性なら同じ女性に連絡してもらいたい、という要望は受け付けてもらえます。また、普段役職名で連絡をもらう事が多いのに個人名の電話では怪しまれるかもしれない。そういったことを防ぐための要望にも応えてもらえるようになっています。
そして、何曜日の何時頃に在籍確認をしてほしいという要望にも応えてくれる金融業者もあります。落ち着かないという方は、日時をなるべく指定させてもらうのが良さそうです。


受け入れてもらえない要望もあります

連絡してくれる方の性別を選ぶ事が出来て、日時指定も出来るという事だけでも非常に助かります。
ですが、要望に応えることのできないこともあります。例えば、普段から利用している銀行名で連絡してほしいとか、保険会社を装ってほしいなど。こういった要望は不可となっています。情報を偽るのは法律で禁止されている事なので、こういった要望には応えてもらえないのです。自営業をしている方は自宅などに在籍確認の連絡が来るケースも多いので、配偶者に怪しまれてしまう、と心配している方も。身分を大きく偽ることはできません。どのような要望なら受け入れてもらえて、どのようなものが不可なのか。これは各金融業者により異なります。アコムやプロミスなどの消費者金融、三井住友銀行などの銀行系でもかわりますから、ダメ元で一度質問してみることをおすすめ致します。在籍確認は決して怖いものではないので、しっかり確認してもらってキャッシング出来るよう準備しましょう。