主婦がキャッシングするならどこに申し込んだ方が良い?

キャッシングしたい、そう考えているのは男女同じではないでしょうか。
金銭面で何か問題が起きてしまった時や、ちょっとだけ活用したい時などに頼めるので便利な存在だと言えます。正社員で収入がそれなりに多い方であれば比較的審査に通りやすいと言えますが、主婦やアルバイトの場合は審査に通れるのか不安に感じている方も。安定した収入というのが一体どのくらいであるのかとても曖昧なもので、自分で判断することは難しいです。その際は借入診断で確認するのが一番です。
アコムやモビットなどの消費者金融はアルバイトやパートをしている主婦であれば申し込み可能なので、利用している方も多いです。即日審査と即日融資で、いざという時にもキャッシングが出来ます。しかし、金利が高いという点と総量規制の対象という点が大きなネックになってしまっているのではないでしょうか。ですから、お勧めしたいのは銀行なのです。


主婦は銀行の方が使い勝手が良い?

消費者金融よりも銀行をお勧めするには、きちんと理由があります。
まず、上記で少し触れましたが消費者金融は総量規制の対象ですが銀行は違います。ですから、年収3分の1という制限なく借入することが可能なのです。必要な時それに見合った金額を借入することが出来るので、何が起きても対処することが可能なのです。他にも原則的に収入証明書が不要となっていますから、書類の準備をする必要もありません。書類を発行してもらうためには役所へ行かなければならないので、準備するのも大変です。
また、人によって借り過ぎてしまう事がリスクとして挙げられますが、主婦は家計を管理している方が多いですので、借り過ぎることなくきちんと利用できるでしょう。普段からその銀行の口座を利用している方は、その分安心感や信用度も高くて良いでしょう。


レディースローンに頼むという方法も

銀行を紹介しましたが、もう一つおすすめの業者があります。
それはレディースローンで、こちらも20歳以上で安定した収入のある方であれば申し込み可能です。担当者が皆女性ですので、初めて借入する方でも安心感や親近感があります。自分でなかなか決断できない優柔不断な主婦でも、相談しながら借入金額を決めることが出来ます。女性特有の悩みも相談できますし、女性ながらの目的でも借入することが可能です。
審査は厳しくなく男女平等に行われるようになっています。主婦やアルバイトは収入が低いから甘くなる、という考えはなくしましょう。
以前までは、申し込みすると夫や家族の情報まで調べられて問題があれば、利用出来ないことになっていました。現在では法律が変わり、申込者のみの情報しか調べてはいけないとなっていますので、夫が自己破産や債務整理している場合でもレディースローンへ申し込めます。
金銭的な問題を抱えてしまった時などには、自分が利用しやすい業者を選ぶのが無難です。簡単に決めてしまうのではなくて、色々比較をして最も惹かれた業者と契約を結びましょう。