アコムは総量規制の対象だから不便なのか

借り入れをする時に一つ大事なポイントがあります。それは銀行で借り入れをするか、消費者金融で借り入れをするか。この二択です。銀行はやはり低金利で利用者にとっては有利な条件で借り入れることが出来ます。お金を借りる時は少しでも金利が低い方が支払う利息は少なくなるので、借り入れ場所を選ぶときはまずは金利で選ぶことをおすすめします。金利で考えるとどうしても消費者金融は銀行に負けてしまいます。
また銀行は総量規制の対象外なので年収の三分の一以上の借り入れをすることが出来ます。これは借り入れする人には大きなメリットだと思っている方がほとんどだと思います。しかしこの総量規制の対象外は本当に大事なことなのでしょうか。実は借り入れをする人にはあまり関係がない事なのかもしれません。


総量規制対処外のメリットとは

総量規制の対象外のメリットとは年収の三分の一以上の借り入れをすることが出来る点しかありません。
そもそもなぜこの総量規制という制度が出来たのでしょうか。この制度は2010年に貸金業法が改正されたことによって、出来た新しい制度です。この総量規制が出来た経緯は2008年に起きたサブプライムローンが原因だと言われています。サブプライムローンは返済能力を超えた貸し付けを行い、結局返済することが出来なくなった人が大量に増えたことによって起きた問題です。サブプライムローン問題は世界にとてつもない影響を及ぼしました。
このような事態を防ぐために、返済能力以上の借り入れと返済能力以上の貸し付けを禁止するために総量規制が生まれたのです。
つまり言い換えると年収の三分の一以上借り入れると、返済することがかなり厳しい。自己破産や債務整理をしなくてはならなくなってしまう。こういうことになるのです。
そもそも年収の三分の一以上借りること事態が危険なことなのです。そういった意味では消費者金融の総量規制対象外という事はそれほどデメリットなことなのでしょうか。


しっかりとした返済計画を立てると

お金を借りる時はしっかりとした返済計画を立てる必要があります。自分の年収でこの借り入れ金額は妥当なのか。無駄に多く借りてはいないのか。これを審査申し込みする時に必ず確認して欲しいと思います。そのようにしっかりと返済計画を立てると、年収の三分の一以上の借入額を希望することは無いとでしょう。
つまりキャッシングする時はこの総量規制という制度はさほど意味がないかもしれません。
銀行で借り入れするよりも消費者金融で借り入れした方がお得になるケースもあります。例えばアコムには30日間無利息サービスがあります。この無利息サービスによって30日以内の借り入れなら利息を一切支払わなくていいので、銀行で借り入れるよりもお得になります。
どこの金融機関で借り入れるか。これは金利・総量規制だけではなく、どのくらいの期間借り入れるのか、どの返済方式で返すのかなど多くの事を考えて判断しなければいけないのです。