ブラックリストってどんなの? すごい分厚い手帳のこと?

お金を借り入れるためにアコムやプロミスなど大手消費者金融。または銀行に申し込みを行って、その後審査を受けても借り入れ可能な状態にならなかったとしたら。
その時に「ブラックリストに載ってしまっているから」なんてことを言う人もいます。どうやらこのブラックリストに自分の名前が載るとお金を借り入れる前の審査が通る確率が下がってしまうようですが…。このブラックリストとはどんなものなのでしょうか。
閻魔大王が持っている、悪人の名前がずらりと並んだ帳簿のようなものを消費者金融が管理しており、このリストをもとに審査が行われるのでしょうか。キャッシングに知識が無い方や借り入れ経験が乏しい方はそのあたりの知識が無いですよね。


ブラックリストという名前の帳簿は存在しない

不良債務者やお金を借り入れるのに問題がある人の名前がずらりと並んだ門外不出のリスト。実はそんなものは存在しません。
このリストに名前が載っていることで審査結果が影響されるということは、実はないということです。ではたまに聞くブラックリストに名前が載ってしまっている状態とはどんな状態のことでしょうか。
確かに債務整理や自己破産の記録は審査に関わる機関に残ってしまい、その情報により審査の結果が影響を受けるということはあります。
この個人の信用情報に傷がついている状態こそ、ブラックリストに載っている状態です。多重申し込みや金融トラブルの記録他信用情報が申し込んだその業者の基準を外れていたならお金を借り入れることができる資格を手にすることはできません。
もし信用情報が原因で銀行から借入れ前の審査で、その後受けた大手消費者金融の審査にも等しく落ちてしまったとしても、まだあきらめるのは早いです。地方に本社を置く中小消費者金融などに申し込めば、信用情報に傷がついている状態でも、ブラックリストに載ってしまっているとしてもお金を借り入れることができます。


債務整理の記録は永遠に残るわけではない

過去に債務整理の経験がある、または返済の責務から逃れるために自己破産を行った記録がある方もいるでしょう。
ですがそんな過去の記録は永遠にあなたを苦しめるわけではありません。その行った債務整理によって、機関にその情報が保管される期間は異なりますが、一定の期間を過ぎれば法律的には審査に通るはずです。
審査の厳しい銀行などのキャッシングでは期間が過ぎてもお金を借り入れることができる状態にならないかもしれませんが、優しい審査基準の場所なら問題なくお金を借り入れることができる人は多いです。