キャッシングと賢く付き合おう!借り換え情報

消費者金融でキャッシングをしている方の中に、金利が高くて悩んでいる方はいませんか?消費者金融は銀行と比較して、融資のスピードが速いことがメリットです。一方で金利は高いことも特徴です。審査も銀行ほど厳しくないことから、「銀行では借りられなかった方」や「急ぎで融資してほしい方」が消費者金融でキャッシングをします。しかし、いざ返済となると、金利の高さに悩む方も多いと思います。

そこで今回は、消費者金融から別のカードローンに借り換える方法をご紹介します。


消費者金融から別のカードローンへの借り換え

消費者金融からキャッシングを行っている方の中で、こんなことを考えている方はいませんか?
「毎月支払っているのに残高がなかなか減らない!」

こういう場合は低金利の銀行カードローンに借り換えることをおすすめします。しかし、金利が低い分、審査も厳しいです。以下にご紹介する銀行カードローンは、借り換え目的の需要を見越したサービスを提供しています。

三井住友銀行カードローン

金利:4.0~14.5%
上限額:800万円
審査時間:最短30分
融資スピード:最短即日

上限金利が低いことに加え、審査・融資時間も短いのが特徴です。三井住友銀行に口座を作らなくてもキャッシングができます。300万円以内のお申し込みなら収入証明書の提出も不要なので、簡単に借り換えができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利:4.6~14.6%
上限額:500万円
審査時間:最短30分
融資スピード:最短即日

三菱東京UFJ銀行カードローンも銀行ならではの金利の安さが特徴です。審査と融資も消費者金融と変わらないスピード感で行います。提携ATMなら手数料もかからないので、お得に返済ができそうですね。

オリックス銀行カードローン

金利:3.0~17.8%
上限額:800万円
審査時間:最短即日
融資スピード:最短即日

オリックス銀行は提携ATMの手数料が無料という点から人気のカードローンです。そのATMの台数は93,000台に上りました。それだけたくさんの場所で、手数料無料で利用できるのは嬉しい特徴です。

消費者金融から別の消費者金融へ借り換え

借り換え金額が大きい場合、別の消費者金融に借り換えるという選択肢もあります。なぜなら、金額が大きくなればそれだけ審査が厳しくなるからです。しかし、消費者金融は総量規制の対象であることが多く、年収の3分の1しか借り入れできません。
しかし、消費者金融であっても例外はあります。借り換えの場合、総量規制の対象外になることがあるのです。そのため、申し込みの際はしっかり借り換えであることを伝えましょう。

以下に、おすすめの消費者金融をご紹介します。

アコム「借り換え専用ローン」

金利:7.7~18.0%
上限額:300万円
融資スピード:最短即日

アコムはテレビCMやインターネット広告で大々的に宣伝しているため安心感があります。また、顧客サービスに力を入れており、融資スピードも速くオペレーターの対応も評判がいいのが特徴です。

プロミス「おまとめローン」

金利:4.5~17.8%
上限額:500万円
融資スピード:最短即日

プロミスは郵便物や電話連絡での確認も不要なので、誰にもばれずに申し込みが完結します。また30日間の無利息サービスも提供しているため、お得に利用することができます。

オリックス・クレジット「VIPフリーローン」

金利:3.0~16.8%
上限額:800万円
融資スピード:2~3営業日

オリックス・クレジットは消費者金融の中ではトップの限度額です。消費者金融は高くても500万円くらいが限度なので、銀行カードローンにも劣らない限度額が人気の理由です。金利も他の消費者金融に比べると低く設定されているのも特徴のひとつです。

アイフル「おまとめMAX」

金利:12.0~15.0%
上限額:500万円
融資スピード:最短即日

商品名にもあるように複数の借入先をひとつにまとめる際におすすめです。低金利であるため、返済額・利息の負担を軽減し毎月の返済額を楽にできる仕組みになっています。

アイフル「かりかえMAX」

金利:12.0~17.5%
上限額:500万円
融資スピード:最短即日

アイフルは最短即日融資が可能な借り換えローンです。実は銀行カードローンは、融資を受けるまでに通常数日以上かかるところが多いのです。また、年齢の上限がないので70歳以上の方でも申し込みが可能です。

借り換えローンで賢くキャッシング

借り換えローン、おまとめローンは月々の返済の負担が減ることが最大のメリットです。
その他にも、

  • 審査スピードが速い
  • 提携ATMが多い
  • 収入証明書が不要

などのメリットが各業者で挙げられます。

低金利の意外な落とし穴

では、借り換えをした場合のデメリットをひとつご紹介します。それは、「毎月の返済金額の減額が、総返済額を高くさせる原因になる」ことです。つまり、完済までの総返済額が借り換え前よりも多くなるということです。

金利を引き下げすることにより、月々の返済額も減額させることができます。
(※通常、月々の返済額が高ければ高いほど金利は安くなるため、少し高めに設定する方が多いです。しかし借り換えを行い金利が低くなれば、その分苦しかった月々の返済額も低く設定できます。)

この原理は月単位で考えると負担が減るかもしれませんが、その分支払回数も増えるので総返済額は増加します。

しかし、毎月の返済額が減ることは大きなメリットなので、毎月の返済が苦しい方にとっては一概にデメリットとは言えません。この方法で月々の返済額を下げて、返済不能から立ち直ることも可能なのです。

借り換えの際はご自身の返済状況や完済までの総返済額を確認して、業者を賢く選びましょう。