アコム審査

止事無き事情でこれからはじめて何らかのキャッシングに申込もうと思っている方は勿論、既にいくつか他の金融機関に申し込み芳しくない結果が届いている方まで全ての審査に困っている人に伝えたい「アコムのキャッシング・カードローンがオススメですよ」「もう申し込んでみましたか?」と。


アコムの審査がおすすめの理由

アコムは貸金業を生業とした消費者金融ではありますがそれ以上にクレジットカードであるACマスターカードを発行している信販会社として有名です。またその事からキャッシングの申し込みにおいてもよりノウハウのあるクレジットカードの選別方法を用いていると言われています。これは例えばキャッシングのカードはまだ持っていなくてもクレジットカードを既に持っていて滞納や延滞の無くクレジットヒストリー(利用実績)を重ねている場合その分キャッシングの申し込みにおいても有利になるという事です。また他の消費者金融で過去に落ちていても消費者金融と信販会社では利用する信用機関が異なる為、他での不合格がアコムの申し込みに影響するリスクは比較的少ないと言われています。つまり他の金融機関では落ちてしまう人でもアコムなら審査に受かる可能性があるという事です。
アコム  アコム
限度額 500円
金利 4.7%~18.0%
対象 20歳~ 69歳
審査速度 最短30分
用途 自由
担保・保証人 不要

アコムの商品概要

そんな比較的審査に通りやすいと言われているアコムですが、だからといって商品スペックが他の商品に劣っているわけではありません。例えばアコムは4.7%~18.0%という金利で融資を行っています。最高金利に相当する18.0%こそ金融商品としては平凡かつ一般的な数値ではありますが、最低金利である4.7%は「消費者金融」としてはやや低く一部の銀行系商品に相当する程です。また利用限度額も最大で500万円まで融資を受ける事が可能な余裕をもった設定額な他、50万円以下の借入なら収入証明不要の為本人確認書類のみで申し込む事が可能です。なおキャッシングである事から保証人や担保は不要、借りたお金に用途制限はなく自由な目的に使えます。基本的には20歳~69歳の方で安定した収入のある方ならアルバイトやパートの方でも誰でも申し込む事が可能です。電話や郵送、無人契約機や窓口以外にインターネットから申し込む事が可能でWeb申し込みなら24時間365日何時でも申し込みが可能です。また審査所要時間は最短30分、平日14時までに申し込みと必要書類の提出が終わっていれば申し込んだその日のうちに借りられる即日融資にも対応させる事が可能です。


他社との比較

キャッシングを即日対応や金利などで比較・・・アコム以外にも色々なキャッシングサービスを比較したい場合に使ってみてください。

さて何故アコムが狙い目なのか紹介が済んだ所で早速アコムの申し込みについて紹介しようと思います。しかしその前に皆さんに是非一度やっていただきたいのはアコムの公式HPにある「3秒診断」になります。この借入診断では実際の仮審査でも用いられるコンピューターによる合否判定を擬似的に体験する事が可能です。この3秒診断では「生年月日」「性別」「独身・既婚」「現在何者から借入を行っているか」「借入装具はいくらか」といった簡単な項目を埋める事で暫定的な合否を知る事が可能です。

このシミュレーターに関しては氏名や住所といった個人情報を必要としない為何度試してみてもあなたの信用情報に影響しません。また精度は高くこのシミュレーターで落ちてしまった場合実際の審査でも通らない可能性が高く、逆にこのシミュレーターで良い結果が出れば実際の申し込みでも「信用情報に滞納や自己破産の記録がある」「申し込みに誤字や嘘の記載がある」「本人確認が取れない」といった余程致命的な条件が無い限りは通ると言われています。まずはこの3秒診断を試してみて、よい結果が出ればいよいよ実際にアコムに申し込みを行ってみましょう。

3秒診断のご案内

アコムに申し込む

アコムの申し込みは実際に店頭にいって申し込む方法の他に「むじんくん」でお馴染みの無人契約機を利用する方法、電話での申し込みや申し込み書類の郵送等いくつか方法が存在します。ただこの場では最もユーザビリティーが高く尚且つ利用者の多い「インターネット申し込み」について紹介したいと思います。

インターネット申し込みは当サイトのリンクやアコムの公式サイトにある「今すぐ申し込み」ボタンをクリックして表示された申し込みフォームの内容を入力して送信する、たったこれだけで申し込みを完了する事ができます。インターネットが利用できる環境であればPCや形態、スマートフォン等どの媒介からでも申し込みが可能な他、店頭窓口や電話窓口と異なり24時間365日何時でも申し込み自体は可能となっています。

申し込みフォームでは「氏名」「生年月日」「性別」「既婚未婚」「メールアドレス」「連絡先」「住宅情報」「勤務先情報」「他社からの借入状況」「希望限度額」「振込を希望する口座情報」といった幾つかの項目を満たす事になります。住宅ローンの残りや勤務先の従業員数等咄嗟に出てき辛い項目もあるので、住宅情報と勤務先情報に関してはある程度すぐわかる状態で申し込みをはじめるとよいでしょう。申し込みフォームを送信したらあとはアコム側から審査結果の連絡を待つだけです。

申し込み

結果見事通過する事ができたらあとは必要書類をアコム側に提出するのみとなります。申し込みには保険証や運転免許証といった本人確認書類が必要なほか、希望借入額が50万円を超える場合源泉徴収や給与明細といった収入証明書類の提出が必要になります。これら必要書類はFAXによる送付は勿論、スキャンデータ等をインターネットでアップロードする事でも提出が可能です。無事書類が受理されればアコムとの契約は完了となります。


インターネット申し込みが優れている理由

前述の通りインターネット申し込みは24時間365日ネット環境さえあれば何時でもまた何処からでも申し込む事が可能です。またそれ以外にもインターネット申し込みが優れている理由は2つあります。最初の理由は「申し込みから融資までのスピードがどの申し込み方法よりも早い事」です。

現在金融業界で行われている審査の殆どは「スコアリング」と呼ばれる形式が取られています。これは例えば「持ち家・賃貸」なら持ち家が5点、借入が2点といった具合に申し込みフォームの内容を点数化しその合計店で合否を判定するというものです。この作業は殆どがコンピューターの手によって行われ、これにより金融機関各社は最短30分という短い所要時間で合否の判定を可能としています。ただ窓口による申し込みや書類の郵送による申し込みは、アコム側が申し込み書類をコンピューターが読み取れるようデータ化してく作業を必要としています。

それに対しインターネット申し込みは最初からデータの状態でアコム側に情報が届くため最短最速でスコアリングをかける事が可能です。また最速である「インターネット申し込み」のみが現状唯一即日融資に対応させる事が出来る方法となっています。即日融資はその名前の通り申し込んだその日のうちに融資が受けられるサービスの事であり、アコムの場合「インターネットによる申し込み」「平日14時までに申し込みフォームと必要書類の提出」二つの条件が満たされてはじめて即日融資が可能となっています。

スコアリング!

またもう一つの理由として「インターネットによる申し込み」はアコム側に審査において自身が不利になる情報を与えにくいといったメリットが存在します。インターネットによる申し込みでは当然要求された以上の情報を書くスペースもなければわざわざ申告する必要もありません、しかし窓口申し込みの場合本来「言う必要のない情報」を何気ない会話から取られている可能性があります。例えばあなたの身なりはきちんと綺麗に整えられているか、申し込み用紙は丁寧に書かれているか、趣味や極端な話今日の昼何を食べたかといった情報、こういった情報が密かに得られている可能性があります。どこまで合否に影響しているかはともかく「身なりがきちんとしていない事」は衣類にかける余裕の無さの表れ、「申し込み用紙の字の汚さ」は大事な書類にきちんと時間をかけているかの目安、「趣味」は借りたお金の使い道などを何となく知る手掛かりとなります。例えスコアリングにおいて良い結果が出ていたとしても最終的な判断は何時になっても人の手です。何か不審な様子があれば本来通過できていたものにも落ちてしまう可能性があります。こういったリスクを避ける為にもインターネットによる申し込みは有効だと言われています。


アコムの審査基準

スコアリングにおいて具体的にどのような項目にどういった点数が付けられているか、何が重要で何がそれほど重要ではないかといった情報は基本的に開示されていない情報なので正確なところはわかっていません。しかし実際に申し込んでみた様々な人の結果や口コミ等から金融機関審査における凡その判定基準の目安は現在明らかになっています。

まずどれほど年収が高くてもまたどれほど社会的に信用の高い職業についていても満たしているだけで絶対に落ちてしまう条件というのが金融業界には幾つかあります。まず「勤続年数」は最低でも半年~1年以上必要だと言われています。これは勤続年数が短すぎると申し込み条件における「安定した」収入のある方に該当しない為です。職場が変わってすぐというのは一番離職率も高く現在の年収が継続して得られない、つまり借りたお金が返済できなくなる可能性も高くなるので金融機関からは基本的に嫌われます。最近転職した方や就職した方は注意が必要です。

また既出ではありますが「信用情報に金銭トラブルの記録がある」場合も申し込みは受け付けられません。例えば過去クレジットカードを利用しており何度も延滞や滞納を繰り返している、借りたお金を返さなかった記録がある、自己破産の記録がある、このような方は例えアコムであっても通過は限りなく困難になります。また一ヶ月の間に3社以上の金融機関に申し込んだ記録がある場合「この人は何らかの事情で早急にお金が必要な危ない人だ」とみなされこれはこれで落ちてしまう原因、所謂「申し込みブラック」といった事態になります。

審査基準

現在お金を借りている借入先の数が4社以上の所謂「多重債務者」もまた審査に落ちてしまう事が殆どです。また他社からの借入と借入希望額の総額が年収の1/3を超える場合、貸金業法の一つ「総量規制法」にひっかかり同様に審査に落ちてしまいます。この総量規制法は年収の1/3を超える融資を金融機関は行ってはならないとする法律でありアコムもまたこの法律によって融資が制限される事になります。またクレジットカードのキャッシングなども総量規制の対象借入総額に含まれるので注意が必要です。

あとは基本的な事になるのですが申し込みフォームに誤字脱字や嘘の記載がある場合も基本的には通過できません。信用情報機関に登録されている情報と申し込みフォームの内容は照らし合わされ、また住宅情報や勤務先情報に関してもある程度は必ず正しい情報が入力されているか確認が取られます。その際にもし誤った情報である事が発覚すればあなたは「信用に足らない」人間だと判断されます。勿論騙すつもりはなく勘違いだった、ただの誤字だったというケースもあるのですがアコム側にその真意を確かめる術はない為一般的には問答無用で利用不可とされます。特に自身や勤務先の連絡先は誤って記入してしまうと「本人確認」やなりすまし防止の為の「最終意思確認」といった連絡を受ける事ができなくなります。勿論本人確認や最終意思確認の連絡が取れない場合も基本的には利用不可となってしまう事でしょう。

なおアコムの審査は消費者金融より信販会社の形式に近いとされており、その場合「3c」という概念が重要になってきます。3cとは即ち「Capacity(返済能力)」「Character(信用)」「Capital(資産)」の事を指します。まずCapacityはあなたに無事に完済する事が出来る「容量」「余裕」があるかといった調査項目になります。例えば年収や雇用形態、現在の借入総額や勤続年数等がこれに該当します。当然年収が多く他社からの借入が少ないほうがポイントは高くまた合格した際の限度額も高くなってきます。次にCharacterですがこれはあなたの「性格」「人格」といった「ひととなり」を調査する項目になります。あなたが借りたお金をちゃんと返す人間かを確かめるこの項目では申し込みフォームが正確に書かれているか、過去に遅延や延滞の記録がないかといった情報から判断されます。最後にCapitalですがこれは言ってしまえば金銭以外の財産を意味します。キャッシング商品は基本的に担保を必要としない商品ですが、それでも金融機関側としてはいざとなった時お金に出来るものがあるかないかでは信用度が全然違います。車や家は勿論人的担保という意味では両親が健在か、子供は何人いて今いくつかといった情報もしばしばCapitalとして換算されます。 3c対策

例えば勤続年数や年収といった項目は対策するにしてもなかなか改善し辛い項目ではあります。しかし申し込みフォームの情報を親切に書く、必要書類の提出をスマートに行うといったちょっとした事でCharacterは対策が可能です。クレジットカードを持っている場合作ったきり使わないのではなくちゃんとクレジットカードを利用し、また延滞や遅延なく支払いを行う事でもまたアコムの場合Characterの強化が可能です。また両親が家を持っており在命なら書面上だけでも一時的に一緒に住ませてもらう事でCapitalは大幅に強化する事が可能です。連絡先はまた携帯電話より固定電話のほうが信用度は高い為、可能であれば申し込みまでにちゃんと利用できる固定電話番号を用意しておく事も有効です。